前へ
次へ

難しいと言われる田舎の土地活用方法

都会に比べて土地活用の方法が限られてしまうのが田舎です。
現状では土地が余っている状況であるので、土地を借りたいという人も少なく、また、マンションやアパートを建てたからと言って必ずしも都会のようにすぐに入居者が見込めるというわけではないのです。
そんな田舎でも土地活用の方法はあります。
例えば、農地にして土地はないけれど農業を始めてみたいという人に貸すという方法もあります。
最近では、田舎で暮らしたいという若者の流入が増えていることもあり、こうした農地という形での土地活用が増えています。
たしかに大きな収入になるというわけではありませんが、そのままにしておくよりも税金対策になり、使っていない土地を有効に活用することができるので、苦肉の策として農地に変えるというところも田舎では増えている状況です。
新規に農家として参入する若者にとって土地の取得がネックになります。
そこで、安く土地を借りることで農業を始められるのです。

Page Top