前へ
次へ

難易度の高い田舎での土地活用方法

都市部に比べて田舎は格段に土地活用が難しくなります。
借り手がいないばかりか、土地の特徴が都市部の土地とは大きく異なるからです。
更地にするにしてもその費用がかなり掛かるので、どうしても土地活用をする前に土地所有者が躊躇をしてしまいます。
土地の整備にかかった費用を回収できるだけの収入が得られれば手入れをする価値はありますが、それに見合った収入が得られないのであれば、全く無駄に終わってしまうからです。
一見平地に見えたとしても、大きな石がゴロゴロとしたり、木の根が張り巡らされている土地は整備するのにお金がかかってしまいます。
田舎は都市部に比べて土地活用をする上での規制にがんじがらめにされることは殆どありませんが、土地を活用するだけの価値が生み出されないので、結局そのままに放置して草が生え放題にしているところが多いのです。
田舎は土地が余る傾向にあるため、誰かに貸したくても借り手が見つからないという問題があります。

Page Top